飲んだ後の炭水化物はやばい

飲んだ後の炭水化物はやばい


ダイエットを考えているのであればアルコールは控えるようにしなければいけません。アルコールを飲むと太ってしまうというのはどうしてなのか知らない人が多いです。先ずはアルコールを飲むと、どうして太ってしまうのか解説しいます。

アルコールを飲み過ぎると太ってしまうのは、肝臓の働きに起因しています。肝臓の働きというのは、代謝機能、解毒排泄機能、貯蔵の3つです。アルコールを摂取することによって、解毒排泄機能がアルコールを分解するために働きます。アルコールだけであれば太ることはないのですが、ビールなどには糖質が入っています。糖質が入っていることによって体脂肪になってしまうのです。アルコールだけであれば尿や汗として、体から排泄されるのですが糖質があることで中性脂肪になってしまうのです。アルコールを飲み過ぎてしまうと、肝臓の働きが解毒排泄機能を中心に動くことになってしまうのです。解毒排泄機能を中心に動くことで、その他の働きが疎かになります。血糖のコントロールなども低下してしまいますので、満腹感が得られないという状況になります。本来であればお腹いっぱいになってしまう量でも、血糖のコントロールが上手く出来ないのでいつも以上の量を食べてしまうということになります。

特に飲んだ後のラーメンやお茶漬けなどは出来る限り控えるようにして下さい。お酒を飲んだ後の締めなどに、良く行かれる人も多いですが飲んだ後の炭水化物は太る原因となるのです。炭水化物には糖質が含まれているということをきちんと頭の中に入れておきましょう。

お酒を飲むのであれば、糖質が入っていないものを摂取するように心がけましょう。社会人であればお酒を飲む機会を断ることが出来ない場合もあります。お酒を飲む場に行かれたのであれば、糖質ゼロの蒸留酒などを飲むようにすると良いです。カクテルや梅酒などは糖質もアルコールも入っているのでオススメすることは出来ません。